スポンサードリンク

メタボリックシンドロームとは

メタボ インスリン抵抗性とは

 血液の中の糖分である血糖は膵臓から分泌されるホルモンである

インスリンとともに肝臓や筋肉にエネルギーとしてとり込まれます。

 インスリンの効きが弱くなると血糖がとりこまれにくくなって

しまいます。この状態をインスリン抵抗性と言います。

 内臓脂肪から分泌された悪玉の生理活性物質(アディポサイトカイン)

によりインスリン抵抗性が増し、血糖値が上がってしまいます。

血糖値を下げるために膵臓はさらにインスリンを分泌しようとします。

これを繰り返すことにより膵臓の力が弱まり、ついにインスリンが

分泌できなくなり、血糖値が上がってしまう状態が糖尿病です。

 インスリンが血液中に過剰に存在することにより高血圧や

脂質代謝異常も誘発します。

応援お願いします。
人気ブログランキングへ

メタボリックシンドロームとは

メタボ 肥満はなぜよくない?

 内臓脂肪は余分なエネルギーを中性脂肪として脂肪細胞に蓄え、

脂肪細胞自体が大きく肥大化していきます。

 正常な脂肪細胞は善玉の生理活性物質(アディポサイトカイン)を

分泌し、インスリンのはたらきを活性化し血液中の血糖を円滑に

とり込めるようにしています。

 しかしながら肥大化してしまった脂肪細胞からは悪玉の生理活性物質

(アディポサイトカイン)が分泌され、インスリン抵抗性が増したり、

血圧を上昇させたりすることで動脈硬化や高血糖・高血圧を誘発して

しまいます。

応援お願いします。
人気ブログランキングへ


<<前の2件  .. 2 3 4 5 6..  次の2件>>


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。