スポンサードリンク

メタボかな?と思ったら、人間ドックへ行ってみよう愛知でメタボリックを克服しよう > メタボリックシンドロームとは > メタボ 肥満はなぜよくない?

メタボリックシンドロームとは

メタボ 肥満はなぜよくない?

 内臓脂肪は余分なエネルギーを中性脂肪として脂肪細胞に蓄え、

脂肪細胞自体が大きく肥大化していきます。

 正常な脂肪細胞は善玉の生理活性物質(アディポサイトカイン)を

分泌し、インスリンのはたらきを活性化し血液中の血糖を円滑に

とり込めるようにしています。

 しかしながら肥大化してしまった脂肪細胞からは悪玉の生理活性物質

(アディポサイトカイン)が分泌され、インスリン抵抗性が増したり、

血圧を上昇させたりすることで動脈硬化や高血糖・高血圧を誘発して

しまいます。

応援お願いします。
人気ブログランキングへ


<<メタボ メタボリックシンドロームになりやすい条件 | メタボかな?と思ったら、人間ドックへ行ってみよう愛知でメタボリックを克服しようトップへ | メタボ インスリン抵抗性とは>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。