スポンサードリンク

メタボかな?と思ったら、人間ドックへ行ってみよう愛知でメタボリックを克服しよう > メタボリックシンドロームとは > メタボリックの原因・・・内臓脂肪とは

メタボリックシンドロームとは

メタボリックの原因・・・内臓脂肪とは

内臓脂肪」に対して「皮下脂肪」がありますがどう違うのでしょ

うか。ここではそれぞれの脂肪による肥満の違いを比較します。


【皮下脂肪型肥満】

 下腹部や腰まわり、お尻、太もものまわりなどの下半身を中心に

脂肪が蓄積した肥満。その体型から「洋ナシ型肥満」と呼ばれてい

ます。皮下脂肪の脂肪細胞からは動脈硬化やインスリン抵抗性を減

少させる物質が分泌されます。

【内臓脂肪型肥満】

 食べ過ぎや運動不足などにより内臓のまわりに脂肪が蓄積される

肥満。お腹がぽっこりと出た体型から「リンゴ型肥満」と呼ばれます。

 内臓脂肪の脂肪細胞からは、高血圧や高血糖、高脂血症など動脈

硬化の要因を促進させる複数分泌されます。

 このため内臓脂肪型肥満がメタボリックシンドロームの元凶とさ

れます。

 内臓脂肪は比較的蓄積されやすいのですが、逆に運動をしたり食

事に気をつけることにより、減らしやすいとも言われています。

応援お願いします。
人気ブログランキングへ

<<メタボリックシンドロームってどういうこと? | メタボかな?と思ったら、人間ドックへ行ってみよう愛知でメタボリックを克服しようトップへ | メタボリックシンドロームの診断基準は?>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。